キャリアプランニング入門

時間とお金の関係を理解して最適なキャリアプランニングを

メインメニュー

特集

お金と時間の関係性

LINEで送る
Pocket

お金と時間と自由は交換できる

お金、時間、自由は関係性が深い人生の資源といえます。これらは、往々にして交換することができます。お金が無い人は、労働時間を増やすことでお金を増やすことができますし、逆にお金に不自由していない人は、労働時間を自由なことに費やすことができます。このようなことは、人生において、特にキャリアプランを考える上ではよく理解しておくとよいでしょう。これらを必要に応じて交換していくことで、人生を豊かにすることができます。また、自分がこの3つの中で一番大切にするものを決めておくとよりプランニングがしやすくなります。

好きなことを仕事にする

ほとんどの人は、好きなことをしてお金を稼ぎたいと思うでしょう。最近の若い世代では、お金や出世よりも仕事の「やり甲斐」に重点を置く人が増えているそうです。ただ、ほとんどの場合、好きなことを仕事にするとお金は増えないことが多いものです。逆に、好きでもない我慢が必要な仕事ではお金がたくさんもらえることが多いものです。好きなことを仕事にするときには、お金と時間を投資しないと十分な報酬を受取ることができません。つまり、仕事という面においては、お金と時間、そして自由を天秤にかけ、バランスを取りながら自由をより追求していくことが重要になってくるのです。

「時間」を重要視する

人生において、お金、時間、自由はどれも大切なもので、どれも必要なものです。しかし、ビジネスという面から考えると、「時間」を一番重要な資源と考えるべきです。お金も自由も「時間」が無いとそれを使うことができないからです。また、ほとんどの場合、「時間」はお金で買うことができます。代行業者などは時間をお金で買う良い例です。例えば、掃除代行業者に家の掃除を頼んだとします。お金を支払うことで掃除をしなければならなかった数時間を自由に使うことができるようになります。ビジネスの現場ではスピードが勝負です。他社よりも早く市場に投入できるかどうかで大きな違いがあります。早く開発するための「時間」を大量に人を雇ったり、たくさんの外注を使うことで「お金」で解決することができるのです。

代わりがいるかを考える

同級生の中でも、年収が高い人とそうでない人がいます。同じ学力であれば基本的な能力に大きな違いは無いはずです。このような差はどんな仕事を選ぶかで生まれます。仕事は代わりがいるかいないかで報酬が大きく違ってきます。どんな店でも売っているようなものは、価格競争に飲み込まれ、その価値が高まることはありませんが、めったに売っていないものは価値が低くなることはありません。

おすすめ記事ピックアップ

エンジニアは20代のうちに

エンジニアは20代のうちに 技術の先端で勝負するエンジニアの場合、身に付けた技術が技術自体の変化によって陳腐化することが多々あります。それを考えると一部の例外を除いて、エンジニアも能力的なピークは30代前半と言えるでしょう。また、雇用している企業もそのくらいの時期までが体力もあり使い易い時期であると言えます。ですからおおむねこの時期が、エンジニアの人材としての価値が確定すると考えてほぼ間違いありません。であれば、エンジニアの場合、遅くとも28歳くらいまでには自分の進路を決めておきたいものです。 エンジニアは20代のうちにの詳細を見る

出世はゲームとして考える

出世はゲームとして考える エンジニアの場合、出世に興味はあってもどのように捉えどのよう振る舞えば出世につながるか、それが分からない方が少なからず見受けられます。そんな場合、出世はある種のゲームであると捉えてみてはどうでしょうか。そう、「出世」は自分が今いる組織の中で「出世に最適な評判」を積み上げ、ある時点でそれを「より高い地位として実現させる」ゲームであると見るのです。この出世にふさわしい評判というのは単に仕事に対して処理能力がある、ということだけではなく、リーダーとしての能力に対する評価が含まれています。 出世はゲームとして考えるの詳細を見る

エンジニアの成功する転職ポイント

エンジニアの成功する転職ポイント エンジニアの転職が成功するかどうかは、まず専門内容を深く理解していて専門知識に不足がなく、専門用語を平易に説明できる頭の良さとコミュニケーション能力を持っていることが前提になります。そのうえで大事なのは、誠実であり、自分で考えて発言でき、他人を元気にするような明るさがあり、人間的に成熟していること。さらに面接に際しては面接官が納得できて嫌味のない志望理由を述べることができ、仕事に対する態度、あるいは何故いま勤めている会社を辞めて転職しようとしているのかについて、説得力ある説明が出来る必要があります。 エンジニアの成功する転職ポイントの詳細を見る

ページトップへ

Copyright © 2015 キャリアプランニング入門 All Rights Reserved.