キャリアプランニング入門

時間の有限性を知ってキャリアプランニングを

メインメニュー

特集

エンジニアは20代のうちに

LINEで送る
Pocket

能力のピークを考える

多くの人は、「30代前半」が能力のピークであるといいます。これは、職業によっても左右されるもので、職人と呼ばれる仕事においては、もっと歳と経験を重ねた方が能力を発揮できることもあるかもしれません。しかし、多くの会社員が就くような仕事であれば、やはり30代前半をピークと考えてよいと思います。会社側もそれを知ってか、30代の社員をエースと考えることが多いと思います。

エンジニアのピークとは

エンジニアであっても、30代前半がピークであると考えてよいでしょう。むしろ、エンジニアのような技術職の場合、技術革新が早く数年経てば今の技術が古くなるような業界であれば、もっと若いときをピークと考えてもよいかもしれません。ちなみに、プロ棋士は25歳が能力のピークといわれています。40代になってもトップで活躍できる人は、ほんの一握りで天才と言われる人しかいません。エンジニアは技術の知識とそれを使う力によってその人の持つ全体的な能力が決まってきます。そういう点では、棋士と似ている部分があるように思います。つまり、エンジニアの能力は、最低でも30代前半がピークで、場合によっては、20代後半がピークとなることが多いということです。

時間には限りがある

エンジニアとしての価値を高めていきたいとキャリアプランを考えるとき、前述のことから20代までに能力を最大化しておく必要があります。また、前項のとおり、将来を考えるときは、28歳までに進むべき方向性は確定しておくべきです。28歳というと、大学卒業してすぐに就職した場合の22歳からたった6年です。エンジニアなどの技術職であれば、知識の習得や技術スキル習得には時間がかかる場合が多いので時間がほとんどありません。キャリアプランとは人生の設計とも言えますが、与えられた時間には限りがあるものです。いつまでもダラダラと時間をかけるわけにはいかないのです。歳を取れば必然的に人間の能力は低下していきます。まずは、20代後半(できれば28歳まで)に基礎となる能力の獲得に注力するべきです。それが、その人の貯金となって30代の働き盛りになったときに、その貯金を活かせるようになります。20代で貯金が無ければ30代になってから貯金を始めなければなりません。明らかに周りから遅れをとっていますし、能力のピークを超えたあとから価値を高めていくことは容易ではありません。この限られた資源をどれだけ有効的に使えるかがキャリアプランを考える上で最も重要なことなのです。

おすすめ記事ピックアップ

エンジニアは20代のうちに

エンジニアは20代のうちに 技術の先端で勝負するエンジニアの場合、身に付けた技術が技術自体の変化によって陳腐化することが多々あります。それを考えると一部の例外を除いて、エンジニアも能力的なピークは30代前半と言えるでしょう。また、雇用している企業もそのくらいの時期までが体力もあり使い易い時期であると言えます。ですからおおむねこの時期が、エンジニアの人材としての価値が確定すると考えてほぼ間違いありません。であれば、エンジニアの場合、遅くとも28歳くらいまでには自分の進路を決めておきたいものです。 エンジニアは20代のうちにの詳細を見る

出世はゲームとして考える

出世はゲームとして考える エンジニアの場合、出世に興味はあってもどのように捉えどのよう振る舞えば出世につながるか、それが分からない方が少なからず見受けられます。そんな場合、出世はある種のゲームであると捉えてみてはどうでしょうか。そう、「出世」は自分が今いる組織の中で「出世に最適な評判」を積み上げ、ある時点でそれを「より高い地位として実現させる」ゲームであると見るのです。この出世にふさわしい評判というのは単に仕事に対して処理能力がある、ということだけではなく、リーダーとしての能力に対する評価が含まれています。 出世はゲームとして考えるの詳細を見る

エンジニアの成功する転職ポイント

エンジニアの成功する転職ポイント エンジニアの転職が成功するかどうかは、まず専門内容を深く理解していて専門知識に不足がなく、専門用語を平易に説明できる頭の良さとコミュニケーション能力を持っていることが前提になります。そのうえで大事なのは、誠実であり、自分で考えて発言でき、他人を元気にするような明るさがあり、人間的に成熟していること。さらに面接に際しては面接官が納得できて嫌味のない志望理由を述べることができ、仕事に対する態度、あるいは何故いま勤めている会社を辞めて転職しようとしているのかについて、説得力ある説明が出来る必要があります。 エンジニアの成功する転職ポイントの詳細を見る

ページトップへ

Copyright © 2015 キャリアプランニング入門 All Rights Reserved.