キャリアプランニング入門

より良い転職でキャリアプランニングを実現させる!

メインメニュー

特集

キャリアプランニングを考えた仕事探しを

キャリアプランニングを考えた仕事探しを

エンジニアとしてのキャリアプランニングは人それぞれに違います。特化した分野での技術力をとことんまで追及したいエンジニアもいれば、技術の幅を広げてマルチなエンジニアを目指す人もいるでしょう。お金よりも働き方を優先する人もいれば、目標値として年収○千万円という具体的な収入額を設定する人もいるはずです。仕事探しを自身のキャリアプランを実現する手段として捉えると、見え方も大きく変わってくると思います。自分自身にとって何をもって成功といえるのかをまず明確にすることが大切です。

キャリアプランニングを考えた仕事探しをの記事一覧

転職に関する心構え 転職に関する心構え

終身雇用文化の名残もあり、日本では転職回数が多いことにあまり良い印象を持たれない傾向があります。そのせいか、転職は失敗できない!と思っている人も少なくないようですが、残念ながら転職や就職には失敗がつきものです。仕事や会社には、その中に入って実際に働いてみないとわからないことが多々あります。どうしても肌に合わない企業風土、どうしても自分には合わない仕事、どうにも波長が合わない人間関係などによって、生き生きと働くことができない職場というのは誰にでもあるものです。何かしらの見込み違いによってそのような会社に入ってしまった場合、必ずしも我慢することだけがベストな選択ではありません。 キャリアプランニングを考えた仕事探しをの詳細はこちら

転職にはタイミングが重要 転職にはタイミングが重要

何事もタイミングが重要とはよく言われるセリフですが、転職においても例外ではありません。転職に関して言えば、「転職に適したタイミング」と「転職決断後のタイミング」という、2つの重要なタイミングがあります。転職を考えるべきタイミングの基準となるのは、キャリアの停滞です。このままではキャリアが停滞する、将来の見通しが立たないという状況にいるなら、それは転職すべきタイミングです。転職するにあたっては、現職を円満退職し、気分よくスムーズに新しいスタートを切れる時期を狙いましょう。 キャリアプランニングを考えた仕事探しをの詳細はこちら

エンジニアの成功する転職ポイント エンジニアの成功する転職ポイント

エンジニアの転職成功の最初のポイントは求人の探し方にあります。エンジニアの求人情報は色々なところで探すことができますが、「どこでその情報を探すか」が大切です。エンジニアの求人はIT業界に強い求人サイトを使うのがまず第一の選択肢です。さらに、高収入を目指すなら高品質で高単価な案件を豊富に抱え、かつ信頼できる大手で探すのが良いでしょうし、地方求人に強い地域密着方求人サイトを使うのがベターです。そしてより理想に近い求人を探し出し、面接という名の商談で採用を勝ち取りましょう。 キャリアプランニングを考えた仕事探しをの詳細はこちら

経営者になるのもアリかも 経営者になるのもアリかも

転職したいと考えて転職先を探してみたものの、納得のいくような会社が見つからない、ということは多いかもしれません。そんなとき転職を諦める前に、自分で起業するということを考えてみてはいかがでしょうか。起業する=法人を設立するということは、複雑な手続きが必要だと思われがちですが、意外に簡単なものです。時間や知識が足りないのなら代行業者を使えば間違いありません。最低限必要なものは登録費用のみです。不安ならば資本金を用意すれば良いでしょう。社長となったことで、それまでとは違う重い責任を負いますが、その分理想の会社を作ることも可能になるのです。 キャリアプランニングを考えた仕事探しをの詳細はこちら

おすすめ記事ピックアップ

エンジニアは20代のうちに

エンジニアは20代のうちに 技術の先端で勝負するエンジニアの場合、身に付けた技術が技術自体の変化によって陳腐化することが多々あります。それを考えると一部の例外を除いて、エンジニアも能力的なピークは30代前半と言えるでしょう。また、雇用している企業もそのくらいの時期までが体力もあり使い易い時期であると言えます。ですからおおむねこの時期が、エンジニアの人材としての価値が確定すると考えてほぼ間違いありません。であれば、エンジニアの場合、遅くとも28歳くらいまでには自分の進路を決めておきたいものです。 エンジニアは20代のうちにの詳細を見る

出世はゲームとして考える

出世はゲームとして考える エンジニアの場合、出世に興味はあってもどのように捉えどのよう振る舞えば出世につながるか、それが分からない方が少なからず見受けられます。そんな場合、出世はある種のゲームであると捉えてみてはどうでしょうか。そう、「出世」は自分が今いる組織の中で「出世に最適な評判」を積み上げ、ある時点でそれを「より高い地位として実現させる」ゲームであると見るのです。この出世にふさわしい評判というのは単に仕事に対して処理能力がある、ということだけではなく、リーダーとしての能力に対する評価が含まれています。 出世はゲームとして考えるの詳細を見る

エンジニアの成功する転職ポイント

エンジニアの成功する転職ポイント エンジニアの転職が成功するかどうかは、まず専門内容を深く理解していて専門知識に不足がなく、専門用語を平易に説明できる頭の良さとコミュニケーション能力を持っていることが前提になります。そのうえで大事なのは、誠実であり、自分で考えて発言でき、他人を元気にするような明るさがあり、人間的に成熟していること。さらに面接に際しては面接官が納得できて嫌味のない志望理由を述べることができ、仕事に対する態度、あるいは何故いま勤めている会社を辞めて転職しようとしているのかについて、説得力ある説明が出来る必要があります。 エンジニアの成功する転職ポイントの詳細を見る

ページトップへ

Copyright © 2015 キャリアプランニング入門 All Rights Reserved.