キャリアプランニング入門

軸があるから臨機応変に対応できる!キャリアプランニングの必要性

メインメニュー

特集

キャリアプランニングを考えよう

キャリアプランニングを考えよう

キャリアプランニングとは、エンジニアに限らずすべての人が持つべき「自身の理想像」として、ライフプランに関連づけてあるべきものです。進みたい方向が明確になっているか否かによって、進めば進むほど結果に開きが出てきます。エンジニアという仕事に置き換えるなら、ゴールが明確なプロジェクトと、ゴールが曖昧なプロジェクトでは、その成果に雲泥の差が出るのと同じことです。将来どうありたいかを自身の中に軸として持つことで、不測の事態にも柔軟に対応できるようになります。その軸をつくるのは早ければ早いに越したことはないでしょう。

キャリアプランニングを考えようの記事一覧

キャリアプラニングが必要な理由 キャリアプラニングが必要な理由

キャリアプランを考えるなら数年から数十年のスパンで考えることが大切です。キャリアプランは、自分のビジネスマンとしての価値を高める上で、必要不可欠なものです。上手に価値を高めていくことは、昇給や昇格をするための基礎ともいえます。若いうちからどのようにして価値を高めていくかを考えておくことで、将来性が大きく左右されます。このように、キャリアプランを考えることはビジネスマンにとってとても重要なことですが、必要性を理解していないと「めんどくさい」といって後回しにする人も少なくありません。まずは、この記事を読んで気持を改めてみましょう。 キャリアプランニングを考えようの詳細はこちら

エンジニアは20代のうちに エンジニアは20代のうちに

能力のピークについて考えたことのある人はいるでしょうか。キャリアプランを考える上ではとても重要なことです。なぜなら、人間にはピークがあり、歳をとるにつれ能力が落ちていくからです。キャリアプランは基本的には仕事を終えるまでの長期的な計画ですからこういった事象を踏まえてプランニングする必要があります。とくに、エンジニアのような技術職の場合は、ピークはもっと若い年代に設定するべきです。ここではエンジニアがキャリアプランニングをするときに注意するべきポイントについて解説します。 キャリアプランニングを考えようの詳細はこちら

既存の枠にしばられすぎないこと 既存の枠にしばられすぎないこと

「医学部を卒業したので医者にならなければならない」「せっかく中小企業診断士の資格をとったので経営コンサルの仕事に就きたい」これらは、一見合理的で当たり前のことに聞こえますが、固定概念にとらわれすぎているとも言えるかもしれません。キャリアプランを考える上では、自分に素直になり、正直に向き合うことがとても大切です。今の自分を知ることも、本当に自分がしたいこと、なりたい自分といったことが何より大切な要素になってきます。キャリアプランニングなんてよくわからないという人は、まずはここから始めてみましょう。 キャリアプランニングを考えようの詳細はこちら

おすすめ記事ピックアップ

エンジニアは20代のうちに

エンジニアは20代のうちに 技術の先端で勝負するエンジニアの場合、身に付けた技術が技術自体の変化によって陳腐化することが多々あります。それを考えると一部の例外を除いて、エンジニアも能力的なピークは30代前半と言えるでしょう。また、雇用している企業もそのくらいの時期までが体力もあり使い易い時期であると言えます。ですからおおむねこの時期が、エンジニアの人材としての価値が確定すると考えてほぼ間違いありません。であれば、エンジニアの場合、遅くとも28歳くらいまでには自分の進路を決めておきたいものです。 エンジニアは20代のうちにの詳細を見る

出世はゲームとして考える

出世はゲームとして考える エンジニアの場合、出世に興味はあってもどのように捉えどのよう振る舞えば出世につながるか、それが分からない方が少なからず見受けられます。そんな場合、出世はある種のゲームであると捉えてみてはどうでしょうか。そう、「出世」は自分が今いる組織の中で「出世に最適な評判」を積み上げ、ある時点でそれを「より高い地位として実現させる」ゲームであると見るのです。この出世にふさわしい評判というのは単に仕事に対して処理能力がある、ということだけではなく、リーダーとしての能力に対する評価が含まれています。 出世はゲームとして考えるの詳細を見る

エンジニアの成功する転職ポイント

エンジニアの成功する転職ポイント エンジニアの転職が成功するかどうかは、まず専門内容を深く理解していて専門知識に不足がなく、専門用語を平易に説明できる頭の良さとコミュニケーション能力を持っていることが前提になります。そのうえで大事なのは、誠実であり、自分で考えて発言でき、他人を元気にするような明るさがあり、人間的に成熟していること。さらに面接に際しては面接官が納得できて嫌味のない志望理由を述べることができ、仕事に対する態度、あるいは何故いま勤めている会社を辞めて転職しようとしているのかについて、説得力ある説明が出来る必要があります。 エンジニアの成功する転職ポイントの詳細を見る

ページトップへ

Copyright © 2015 キャリアプランニング入門 All Rights Reserved.