キャリアプランニング入門

キャリアプランニングでは既存の枠に縛られないことも重要

メインメニュー

特集

既存の枠にしばられすぎないこと

LINEで送る
Pocket

まずは自分と向き合うこと

何よりも、まず最初に行うべきことは自分を良く知り、自分と正直に向き合うことです。これには十分に時間を使うべきです。先輩や友人に相談したり、セミナーに参加したり、本を読んだり、やれることはたくさんあるはずです。いろいろなことを考えて悩んだ末に、人生のゴールについて結論を出しましょう。「何歳までにこうなっていたい」というのが一番簡単なゴールの考え方です。「1億円貯める」でもいいです。できるだけ具体的かつ短い文章とするべきです。人それぞれ価値観は違いますし、自分の中でも価値観が変わっていくことはよくあることです。様々な情報や考え方に触れた上で、今の自分が考える最善の「人生のゴール」をよく考えてみましょう。

今歩いている道を考える

ゴールが定まったら、向かう道を考える必要があります。カーナビは目的地を入力すると自動的に最短ルートを教えてくれます。しかし、人生にはカーナビは存在しません。全て自分で考えて進まなければなりません。どのような道を進めば一番早くゴールに辿り着けるのか。また、今歩いている道は合っているのかをよく考えてみましょう。

最短ルートが全てではない

ゴールに一番早く着くことが全てではないと思います。日本の鉄道のように秒単位で正確に運行されているような乗り物は人生にはありません。いつ何があるかわかりませんし、確実に進めるという保証はありません。早く着くということは魅力的ですし、誰もがそれを望みますが、人生において、キャリアプランを考えるなら尚更のこと、早さよりも確実性を重視するのも大切なことです。どちらを選ぶかは本人の性格やゴールによっても変わるでしょうが、この2点において今歩いている道の方向性や状況を見つめ直してみましょう。

固定概念にこだわらないこと

「理系の学校を卒業したからにはエンジニアのような技術職に就く」これはとても合理的で王道のようなキャリアプランだと思います。しかし、理系の学校から小説家だって誕生しているのです。今すでにエンジニアの道を歩んでいるのであれば、今まで全く歩んだことの無い道を進むのは勇気がいることですし、誰もが恐れることです。それでも、その歩んだことの無い道こそが、人生のゴールに向かうための最善のルートであるならば、思い切って歩むべきです。ゴールがきちんと定まっていればブレることは無いでしょう。新たな分野にチャレンジすることでエンジニアとしての価値が高まることもあります。固定概念にとらわれず、自分に正直になることもキャリアプランを考える上では重要なことなのです。

おすすめ記事ピックアップ

エンジニアは20代のうちに

エンジニアは20代のうちに 技術の先端で勝負するエンジニアの場合、身に付けた技術が技術自体の変化によって陳腐化することが多々あります。それを考えると一部の例外を除いて、エンジニアも能力的なピークは30代前半と言えるでしょう。また、雇用している企業もそのくらいの時期までが体力もあり使い易い時期であると言えます。ですからおおむねこの時期が、エンジニアの人材としての価値が確定すると考えてほぼ間違いありません。であれば、エンジニアの場合、遅くとも28歳くらいまでには自分の進路を決めておきたいものです。 エンジニアは20代のうちにの詳細を見る

出世はゲームとして考える

出世はゲームとして考える エンジニアの場合、出世に興味はあってもどのように捉えどのよう振る舞えば出世につながるか、それが分からない方が少なからず見受けられます。そんな場合、出世はある種のゲームであると捉えてみてはどうでしょうか。そう、「出世」は自分が今いる組織の中で「出世に最適な評判」を積み上げ、ある時点でそれを「より高い地位として実現させる」ゲームであると見るのです。この出世にふさわしい評判というのは単に仕事に対して処理能力がある、ということだけではなく、リーダーとしての能力に対する評価が含まれています。 出世はゲームとして考えるの詳細を見る

エンジニアの成功する転職ポイント

エンジニアの成功する転職ポイント エンジニアの転職が成功するかどうかは、まず専門内容を深く理解していて専門知識に不足がなく、専門用語を平易に説明できる頭の良さとコミュニケーション能力を持っていることが前提になります。そのうえで大事なのは、誠実であり、自分で考えて発言でき、他人を元気にするような明るさがあり、人間的に成熟していること。さらに面接に際しては面接官が納得できて嫌味のない志望理由を述べることができ、仕事に対する態度、あるいは何故いま勤めている会社を辞めて転職しようとしているのかについて、説得力ある説明が出来る必要があります。 エンジニアの成功する転職ポイントの詳細を見る

ページトップへ

Copyright © 2015 キャリアプランニング入門 All Rights Reserved.