キャリアプランニング入門

先行き不透明な時代を生き抜くために、キャリアプランニングについて考えよう

メインメニュー

特集

これからの時代を生き抜くために

LINEで送る
Pocket

思い通りにいかないのが人生

「こんな先行き不透明な時代に、キャリアプランなんて考えるだけ無駄でしょう」とおっしゃる方もいますが、キャリアプランは「プランどおりに動くための計画表」ではありません。
人生には、さまざまな転機が訪れます。それらの転機は、ある程度予測ができる転機と、不意打ちの転機の大きく2種類に分けることができます。例えば、結婚、就職、転職、転勤、配置換え、昇格などは予測可能な転機です。これに対し、不意打ちの転機は病気や災害など、自分ではコントロールできない種類のものです。これらの転機に、どう判断し、どう対応するかで、その先の人生の方向が変わります。はっきりと自覚できる転機もあれば、後から振り返ってみてはじめてそれが転機であったことに気付く場合もあります。いずれにせよ、「転機が起きない人生など無い」ということ、そして「転機への対応を判断するのは自分自身である」ということは誰しも同じです。

こんな時代だからこそ、キャリアプランが必要

何が起きるかわからない、先行き不透明な時代を生きるということは、多くの転機を乗り切る必要性に迫られているということです。転機にさしかかった時、逆境にぶちあたった時に、判断基準となる何かを持つ人は強さを発揮します。判断基準となる何かとは、自分自身の軸です。その軸をどこに持つのかを考える作業がキャリアプランニングです。時代の変化、環境の変化、転機、逆境などへの対応力を強化するために、キャリアプランニングが必要なのです。

ピンチをチャンスに変えるために

キャリアプランニングは、簡単に言えば「自分自身が将来的にどうなりたいのか」を考えることです。よく人生は旅にたとえられますが、あてどもなくドライブするのではなく、最終目的地を決めて走りましょう。というのが、キャリアプランニングの考え方です。その目的地へ行くための最短ルートも考え、その道を走り出します。しかし、人生という旅の中では、当然、突然道が途絶えたり、行き止まりになったり、地図上にない分かれ道にさしかかったりします。地図上にない分かれ道にさしかかった時、「自分が行きたい目的地へ向かうためにはどの道がベストか」を判断することができれば、ピンチをチャンスに変えることができます。
とは言え、いくら目的地が明確であっても、その時点ではどちらがベストなのか判断できないこともありえます。そんな時はその変化に身をゆだねて前へ進むしかありません。軸さえしっかりと持って進んでいけば、後から振り返ってみた時に、点と点がつながっていることに気付くはずです。
先行き不透明な時代をたくましく生き抜くために、キャリアプランニングが必要なのです。キャリアプランは、一度決めたら変えられないものではありません。時代の変化、自分自身の価値観の変化に合わせて、随時アップデートしていけばよいのです。

おすすめ記事ピックアップ

エンジニアは20代のうちに

エンジニアは20代のうちに 技術の先端で勝負するエンジニアの場合、身に付けた技術が技術自体の変化によって陳腐化することが多々あります。それを考えると一部の例外を除いて、エンジニアも能力的なピークは30代前半と言えるでしょう。また、雇用している企業もそのくらいの時期までが体力もあり使い易い時期であると言えます。ですからおおむねこの時期が、エンジニアの人材としての価値が確定すると考えてほぼ間違いありません。であれば、エンジニアの場合、遅くとも28歳くらいまでには自分の進路を決めておきたいものです。 エンジニアは20代のうちにの詳細を見る

出世はゲームとして考える

出世はゲームとして考える エンジニアの場合、出世に興味はあってもどのように捉えどのよう振る舞えば出世につながるか、それが分からない方が少なからず見受けられます。そんな場合、出世はある種のゲームであると捉えてみてはどうでしょうか。そう、「出世」は自分が今いる組織の中で「出世に最適な評判」を積み上げ、ある時点でそれを「より高い地位として実現させる」ゲームであると見るのです。この出世にふさわしい評判というのは単に仕事に対して処理能力がある、ということだけではなく、リーダーとしての能力に対する評価が含まれています。 出世はゲームとして考えるの詳細を見る

エンジニアの成功する転職ポイント

エンジニアの成功する転職ポイント エンジニアの転職が成功するかどうかは、まず専門内容を深く理解していて専門知識に不足がなく、専門用語を平易に説明できる頭の良さとコミュニケーション能力を持っていることが前提になります。そのうえで大事なのは、誠実であり、自分で考えて発言でき、他人を元気にするような明るさがあり、人間的に成熟していること。さらに面接に際しては面接官が納得できて嫌味のない志望理由を述べることができ、仕事に対する態度、あるいは何故いま勤めている会社を辞めて転職しようとしているのかについて、説得力ある説明が出来る必要があります。 エンジニアの成功する転職ポイントの詳細を見る

ページトップへ

Copyright © 2015 キャリアプランニング入門 All Rights Reserved.