キャリアプランニング入門

キャリアプランニングを図る転職にはタイミングも重要

メインメニュー

特集

転職にはタイミングが重要

LINEで送る
Pocket

立つ鳥、後を濁さず

転職をするということは、今の会社を辞めるということになります。辞める会社だからもういいや、と砂をかけるような辞め方をするのは社会人として最低限のルールとして避けましょう。無茶な辞め方をすれば、そのしわ寄せは後輩、先輩、同僚などにふりかかります。できるだけ迷惑をかけないタイミングを選んで退職しましょう。エンジニアの場合、プロジェクトの終了時期など、仕事上でキリの良いタイミングを選ぶと良いでしょう。また、一般的には退職希望日の1ヶ月前に言えばよいという認識ですが、余裕のある引継ぎスケジュールを組めるよう、できるだけ早く伝えることも円満退社の秘訣です。

スタートダッシュも重要

可能な限り、円満に退社できるよう努力する一方で、転職先の意向を優先せざるを得ないケースもあります。転職先が決まっている場合、転職先からできるだけ早く入社してもらいたいと言われることもあるでしょう。その場合は、最低限のルールをはずさない範囲で、1日も早く入社できるよう配慮してください。早急に現職の上司に相談し、自身の意向を誠実に伝えることが大切です。

転職を具体化するベストなタイミングは?

転職を考えるきっかけには、前向きなものからネガティブなものまで様々ありますが、ネガティブな動機、つまり、「とにかく今の会社を辞めたい」という不満を動機とする転職の場合、要注意です。不満をきっかけに転職する場合、その不満が転職で解決できる類のものかを冷静に考える必要もあるでしょう。例えば、「上司が嫌い」という不満の場合、転職先の上司を好きになれるかどうかは転職してみないとわからないということは覚悟しておくべきでしょう。好きな上司に出会えるまで転職を繰り返すというのであれば話は別ですが、繰り返すほどに転職活動は困難になり、キャリアダウンにつながることは避けられないでしょう。
どんな動機であれ、転職を決断する上で、ひとつの判断基準としてほしいのは、「その転職はキャリアアップを実現するか否か?」です。キャリアダウンになる転職であれば、それは転職すべきタイミングとはいえません。
一方、「今のままでいればキャリアが停滞する」と判断できる人は、具体的な転職活動を進めるべきタイミングです。担当業務の内容が極端に狭い場合や、いつまでも担当している業務の幅も深さも広がらないような場合など、将来の見通しがつかないような働き方をしているなら、キャリアの停滞と判断して良いでしょう。

おすすめ記事ピックアップ

エンジニアは20代のうちに

エンジニアは20代のうちに 技術の先端で勝負するエンジニアの場合、身に付けた技術が技術自体の変化によって陳腐化することが多々あります。それを考えると一部の例外を除いて、エンジニアも能力的なピークは30代前半と言えるでしょう。また、雇用している企業もそのくらいの時期までが体力もあり使い易い時期であると言えます。ですからおおむねこの時期が、エンジニアの人材としての価値が確定すると考えてほぼ間違いありません。であれば、エンジニアの場合、遅くとも28歳くらいまでには自分の進路を決めておきたいものです。 エンジニアは20代のうちにの詳細を見る

出世はゲームとして考える

出世はゲームとして考える エンジニアの場合、出世に興味はあってもどのように捉えどのよう振る舞えば出世につながるか、それが分からない方が少なからず見受けられます。そんな場合、出世はある種のゲームであると捉えてみてはどうでしょうか。そう、「出世」は自分が今いる組織の中で「出世に最適な評判」を積み上げ、ある時点でそれを「より高い地位として実現させる」ゲームであると見るのです。この出世にふさわしい評判というのは単に仕事に対して処理能力がある、ということだけではなく、リーダーとしての能力に対する評価が含まれています。 出世はゲームとして考えるの詳細を見る

エンジニアの成功する転職ポイント

エンジニアの成功する転職ポイント エンジニアの転職が成功するかどうかは、まず専門内容を深く理解していて専門知識に不足がなく、専門用語を平易に説明できる頭の良さとコミュニケーション能力を持っていることが前提になります。そのうえで大事なのは、誠実であり、自分で考えて発言でき、他人を元気にするような明るさがあり、人間的に成熟していること。さらに面接に際しては面接官が納得できて嫌味のない志望理由を述べることができ、仕事に対する態度、あるいは何故いま勤めている会社を辞めて転職しようとしているのかについて、説得力ある説明が出来る必要があります。 エンジニアの成功する転職ポイントの詳細を見る

ページトップへ

Copyright © 2015 キャリアプランニング入門 All Rights Reserved.